(スタサプ)スタディサプリの料金は本当に月額980円! 追加料金はかかりません

高校受験 中学受験 大学受験 小学生 中学生 高校生
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/studys.png
スタディサプリの料金は?本当に月額980円?

月額980円で有名講師のプロ授業が受けれるスタディサプリ。

本当に料金はこれだけしかかからないのでしょうか?

講座数を増やすと課金されたり、悪徳家庭教師派遣会社のように高額なテキストが必要だったりするのでしょうか?

今回は、スタディサプリの料金に関する疑問をすべて解決します。

この記事の寄稿者情報

ママペディア運営者
ママペディア運営者 江ノ島明人

大学生の時にアルバイト先の塾で上位層の子しか見ない方針に納得できず自ら学習塾を設立。2016年まで公立中高一貫校の作文指導を行い倍率約10倍の試験で30%以上の合格率を叩き出した。現在は、IT企業の代表として企業のマーケティング支援を行う。

スタディサプリの月額980円は本当か?

講座を増やしても追加料金はなし?

スタディサプリ講座を増やすと?

スタディサプリマイ講座の学習ページ

私が申し込んだのはスタディサプリの4年生講座。

4年生はこのように算数、国語、理科、社会で合計100のマイ講座があり、これらの映像授業を視聴しても一切追加料金はかかりません

では、その横の全講座というボタンを押してみましょう。すると、応用講座という中学受験用の講座が追加で表示されます。こちらは追加料金がかかるのでしょうか?

スタディサプリ全講座

全講座で表示される中学受験用の応用講座

クリックしてみると、映像授業を担当している先生は変わりましたが、追加料金は一切かからないで学習することができました

他学年の講座を受けたら料金はどうなる?

スタディサプリでは、4年生で申し込みをしても、他学年の授業を視聴することができます。先ほどの「全講座」の画面の左上にある「全講座 > 小学4年生」の全講座をクリックします。

スタディサプリ全講座全学年

全学年の講座が表示されます

するとこのように全学年の講座が表示され、動画を視聴することができます。

こちらも追加料金は一切かかりませんでした。つまり、スタディサプリは月額980円で全学年全講座が学習できるというわけです

テキストの料金が高いのでは?

次に、テキストの料金を見ていきましょう。映像授業を見ていると「テキストダウンロード」というボタンがあることに気づきます。

スタディサプリテキストダウンロード

ダウンロードして、ウェブ上で見る。もしくは、ダウンロード後、自宅でプリントアウトする場合、テキスト代は無料です。

しかし、冊子としてテキストを購入することもできます。その場合は、さすがに無料というわけにはいかず、1冊1200円かかるようです。ただ、実はスタディサプリはテキストのボリュームが各学年400P以上あるため、購入したほうが安くつくようです。

兄弟で受講したら料金はどうなる?

ここまでの内容を見ると、兄弟で契約しても追加料金なしでいけてしまうことがわかります(本当はおそらくダメですが)。なぜなら、スタディサプリは全学年全授業見放題だからです。

では、兄と弟が同じ時間に別の動画を視聴する(同時ログイン)はできるのでしょうか?PCとスマホで実験してみました。

スタディサプリ同時授業視聴

スタディサプリ同時授業視聴の様子

このように、2つの端末から同時に授業を視聴することができました。つまり、機能的には980円で兄弟同時に使えるというわけです

退会金や年間縛りはある?

スタディサプリでは、退会金も年間縛りもありません。

ただし、退会したい場合は前月までに手続きをする必要があります

スタディサプリ月額980円は本当か?

スタディサプリは毎月、どの学年の、どの授業をどれだけ見ても月額980円です。さらに兄弟同時視聴もできる!

これは、スタディサプリが最もコスパが良いといわれる部分です。

それでは、z会や進研ゼミをはじめとした他社の通信教育の料金と比較していきましょう。

スタディサプリと他社通信教育の料金を比較

小学生コースの料金比較2018最新版

  スタディサプリ 進研ゼミ z会
1年生 ¥980 ¥3,343 ¥4,520
2年生 ¥980 ¥3,343 ¥4,960
3年生 ¥980 ¥4,062 ¥5,920
4年生 ¥980 ¥4,865 ¥6,720
5年生 ¥980 ¥5,632 ¥7,440
6年生 ¥980 ¥5,779 ¥7,840
入会金 無料 無料 無料
映像授業 × ×
添削 ×
先取り × ×

小学生コースを見ると料金面では断然スタディサプリがお得であることがわかります(兄弟で利用すれば、料金の差はかなり広がります。

さらに、z会や進研ゼミは添削があるものの、毎月教材が送られてくるため先取り学習ができません。さらに、添削が返ってくるまでのタイムラグがあります。

スタディサプリなら、小学校でわからなかった部分だけ復習する、来月の範囲を予習するという時期をまたいだ学習ができるのです。

以上の点から2018年時点で料金と機能(コスパ)が優れている小学生の通信教育はスタディサプリだと言えます。

中学受験コースの料金比較2018最新版

  スタディサプリ 進研ゼミ z会 四谷大塚
3年生 ¥980 ¥7,179 ¥14,000
4年生 ¥980 ¥7,179 ¥16,880 ¥20,600
5年生 ¥980 ¥7,179 ¥20,880 ¥20,600
6年生 ¥980 ¥7,179 ¥20,880 ¥21,500
映像授業
添削 × ×
先取り × ×
教材
テスト ×

中学受験になると話が大きく変わってきます。

小学校の復習と違い、カリキュラムの定着と実力を把握するためのテストが欠かせないからです。

料金だけにフォーカスするとやはりスタディサプリが断然安いのですが、やはり教材を作り込んでいるz会か四谷大塚の映像授業「進学くらぶ」への入会の2択になります。

料金がそう大きく変わらないことを考えると、やはり週テストと連動している四谷大塚の「進学くらぶ」がベストといえるでしょう。

中学生コースの料金比較2018最新版

  スタディサプリ 進研ゼミ z会
1年生 ¥980 ¥6,578 ¥2,560
2年生 ¥980 ¥6,578 ¥2,560
3年生 ¥980 ¥7,080 ¥3,520
入会金 無料 無料 無料
映像授業
添削 ×
先取り × ×
教科書対応 ×

最後に中学生の料金比較。

z会の料金の下がりようが面白いですね!これを見ると進研ゼミ(ベネッセ)のターゲットが中学生でz会のターゲットが小学生であることがよくわかります。

で、どの通信教育が良いかという話ですが、私は料金と昨日のコスパを考えてスタディサプリで良いのではないかと思います。

進研ゼミはカラー教材に添削と進化していますが、その分以前より料金もかなり高くなっています

また、中学生は教材の良し悪しよりも、やるかやらないかが成績UPの大きなウェイトをしめるため、スタディサプリで成績が上がらなければおそらく進研ゼミに変えたところで成績は上がりません。

スタディサプリの料金まとめ

スタディサプリ料金まとめ

スタディサプリの料金は本当に月額980円以外何もかかりません。

教材をダウンロードではなく冊子で欲しい人のみ1200円かかります。

中学受験で使うには少し厳しいですが、小学生・中学生に使うには非常にコスパが高い料金設定です。

スタディサプリは14日間の無料体験をやっているので試してみてはいかがでしょうか?