四谷大塚?Z会?公立中高一貫対策に最適な塾や勉強法は?

高校受験
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2018/05/44c58b6824f9ea695f3b583e2533df42_s.jpg
四谷大塚?Z会?公立中高一貫対策に最適な塾や勉強法は?

公立中高一貫校の人気は年々高まり、それに伴って偏差値も上昇しています。
それに伴い、中学受験塾にも公立中高一貫校コースを設けるところが多くなってきました。

公立中高一貫校の人気の理由は、私立中高一貫校と同様6年先の受験を見据えたカリキュラムが組まれていることです。

今まで、東京大学を始め慶應義塾大学、早稲田大学などの難関校に合格するのは私立中高一貫校出身者が多いと言われていました。

しかし、私立中高一貫校は授業料も高額のため、断念する人も多かったのです。公立中高一貫校ならば公立中学高校とそれほど変わらない費用で、私立中高一貫校と同様の教育が受けられます。

公立中高一貫校に合格するためには塾通いが必須と言われていますが、その点についてもご説明しましょう。

私立と比べた公立中高一貫校のメリットは?

費用が安い

公立中高一貫校の最大のメリットは授業料などの安さ。
私立の中高一貫校とどのくらいの違いがあるのかを比較してみました。
次の表をご覧ください。

  中学 高校
公立 私立 公立 私立
入学金 0 270,000 5,650 270,000
授業料 0 494,400 118,800 494,400
施設費 0 250,000 0 250,000
合計 0 1,014,400 124,450 1,014,400

これ以外にも、修学旅行の積立金、制服等の費用が必要となります。私立中高一貫校は6年間で500万円程度の費用がかかると言われており、公立中高一貫校との差はかなり大きくなります。

なお、都立両国高校附属中学のように中学3年間の積立金が70万円以上という学校もあります。都立両国高校附属中学校の積立金が高いのは、海外での語学研修旅行があるためです。
公立中高一貫校の場合、義務教育の中学校は授業料無料、高校の授業料は年間11万8800円。ただし市町村民税所得割額が30万4200円未満の場合、授業料は免除されます。

私立並みの教育を受けられる

公立中高一貫校の魅力は費用だけではありません。私立中高一貫校と同様の教育を受けられるのです。

それでは、私立中高一貫校と公立中高一貫校のカリキュラムを比較してみましょう。下の表は公立中高一貫校と偏差値が高いことで知られる私立中高一貫校の数学のカリキュラムを比較したものです。

  公立中高一貫校 私立中高一貫校
中1 中学課程
数Ⅰ
中学課程
中2
中3 数I・II・A・B 数I・II・A・B
高1
高2 理系は数Ⅲ
文系は演習
理系は数Ⅲ
文系は演習
高3

ご覧のようにほぼ内容は同じ、先取り学習としては公立中高一貫校の方が積極的という印象を受けますね。私立も公立も、中学3年生から本格的に高校過程の数学を学びます。

6年後の大学受験を意識したカリキュラムを組んでいるという点では、私立中高一貫校も公立中高一貫校も同じということがお分かりいただけたでしょうか。

そして、公立中高一貫校と私立中高一貫校は進学実績もそれほど差はありません。

2018(一貫一期生)市立大学南合格実績の変化は?

神奈川県の公立中高一貫校の一つ、横浜市立南高校付属中学校は2015年文部科学賞公認のSGH(スーパーグローバルハイスクール)に指定されました。その一期生が卒業したのは2018年春。その大学合格実績は多くの人の注目を集めました。

2018年度、同校は東大5人をはじめとして国公立大学に62人の合格者を輩出しました。前年度の東大合格者0名、国公立大学合格者18名ということからも、躍進ぶりが伺えます。

さらに、慶應大学、早稲田大学等の難関私立大学合格者数も大幅に増加しました。特筆すべきは、国公立大学、慶應大学、早稲田大学の合格者のほとんどが中高一貫校卒業生という点です。

<横浜市立南高校中高一貫一期生(平成30年)とそれ以前の比較表>
①高入生 ⑴既卒生

  平成30年 平成29年 平成28年
国立大学
北海道 1    
東北 2    
お茶の水女子 2    
東京 5    
東京工業 5⑴    
一橋 1    
横浜国立 18 1 2
私立大学
青山学院 17②⑵ 15 15
学習院 7③ 5 2
慶應義塾 12 6 4
国際基督教 1    
上智 19 3 6
中央 16①⑴ 12 17
法政 35⑤⑸ 29 30
早稲田 25⑵ 14 9

公立中高一貫校の選抜方法を知ろう

私立中高一貫校を目指すお子さんは3、4年生から塾に通いますが、公立中高一貫校を受験する子は5年生、あるいは6年生から塾に通うというお子さんも珍しくありません。その答えは選抜方法にあります。

公立中高一貫校では、受験ではなく受検、入学試験ではなく適性検査という言葉が使われています。私立中高一貫校の入試対策をしただけでは、公立中高一貫校には合格できません。私立と公立、どのような点が違うのでしょうか。

私立中高一貫校に合格するには膨大な知識を詰め込む必要がありますが、公立中高一貫校では知識を問う問題は出ません。

私立中高一貫校は中学2年生レベルの内容まで踏み込みますが、公立中高一貫校の適性検査は、小学校の学習範囲に限られています。

適性検査対策のポイントは「自分で考え、自分で判断し、自分の言葉で表現する。」という点。読解力、表現力、思考力を養うことが必要です。具体的には、長文や資料を的確に読み取り、時間内に問題を解くことが求められます。

都立の中高一貫校は?

都立中高一貫校の選抜方法は、「適性検査」と「調査書」です。
適性検査は、Ⅰ、Ⅱは各学校共通ですが、Ⅲに関しては実施する学校としない学校があります。Ⅲはそれぞれの学校が独自に作成した問題が出題されます。
学校によって問題が違うので、その対策はなかなか難しいですよね。
多くの塾には学校別のコースがありますので、受講をお勧めします。

そして、適性検査と調査書の点数を各学校で定められた割合で点数化します。
学校によって適性検査と調査書の割合が違いますので、事前に調べることをお勧めします。
詳しくはこちらをご覧ください

神奈川の中高一貫校は?

神奈川の中高一貫校は、神奈川県立、横浜市立、川崎市立の3種類。
神奈川県立2校の適性検査は同じ内容ですが、横浜市立2校、川崎市立1校はそれぞれの学校が独自の問題を作成しています。

神奈川県立は、適性検査、調査書、グループ活動によって選抜されます。横浜市立は適性検査Ⅰ、Ⅱと調査書、川崎市立は適性検査Ⅰ、Ⅱ、調査書のほか面接も実施されます。

グループ活動ってどんなもの?対策は?と思われるかもしれませんね。
グループ活動対策が行われてる塾もありますのでご安心ください。

詳しくはこちらをご覧ください

公立中高一貫対策に必要な勉強法

公立中高一貫対策を行っている塾

ena

enaは都内を中心に展開している塾。
都立中高一貫校、一般枠定員の48%がenaの塾生です。
特に立川国際、南多摩などで実績を伸ばしています。

栄光ゼミナール

首都圏を中心に430教室という大手塾です。
公立中高一貫校対策としてZ会の作文指導を併用。

早稲田アカデミー

小学校1年生から私立国立中学受験対策ができる塾。公立中高一貫校の専門コースは5年生から設置されています。

四谷大塚

四谷大塚では公立中高一貫校の学校別対策コースが設けられています。
また、小学校6年生を対象に公立中高一貫校対策実力判定テストが実施されます。

日能研

日能研では小学校5年生から公立中高一貫校受検対策コースを受講できます。
公立中高一貫校適性検査対策テストは、日能研生でなくとも受検可能です。

Z会

Z会の通信教育でも公立中高一貫校対策は可能です。5年生から受講できます。作文対策もできますので、作文が苦手な人は塾に通いながら受講するのをお勧めします。

まとめ

公立中高一貫校は授業料以外にもメリットが多く、人気が高いのも頷けます。合格を勝ち取るためには、適正検査対策が必須。塾に通う、あるいは通信教育を受講しなければ対策は難しいでしょう。
倍率が高く、適性検査の難易度も高いことから受検を考えているならば、早めの準備がお勧めです。