担任制?チケット制?子供オンライン英会話の仕組み

子供英語 小学生
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/cate3.png
担任制?チケット制?子供オンライン英会話の仕組み

子供オンライン英会話には2つの受講方法があることをご存じですか?何も知らない方にとって、子供オンライン英会話のシステムは少々複雑に見えるかも知れません。しかし、大きく分けて「担任制」「チケット制」の2つの受講方法があると把握しておけば、クリアに理解することができます。

どちらを利用するかはお子さんのニーズやスケジュールなどによって決定していきましょう。このページでは、子供オンライン英会話をフレキシブルに使いこなすための解説をおこなって参ります。

担任制とは?

担任制とは、先生を固定してレッスンを受ける方法。こちらは「定額の月謝制」が採用されていることも多いようです。常にお気に入りの先生とレッスンができるため親御さん・お子さんも安心ですが、先生側も生徒であるお子さんの性格や弱点も把握しやすいかと思います。そのため、よりスムーズな学習を期待することができます。いわば「オンラインの家庭教師」と考えれば分かりやすいでしょう。もちろん「この先生合わないな」と感じた際には、簡単に変更できるように配慮されていることが多いのでご安心下さい。

ただし、マンツーマンの担任制は料金が高めかと思います。先生も決まった時間と曜日を空けなければならず、さらに学習計画や事前準備もきちんとおこなう必要性が生じるためです。そのため、利用者の都合に合わせて、頻繁にレッスン日を変えたりと言うこともできません。お子さんの帰宅時間が、部活や塾の都合で一定しないという場合には、次にご説明する「チケット制」の利用も検討して下さい。

担任制のメリット

・ 毎回お気に入りの先生とマンツーマンでレッスンできる
・ 決まった曜日、決まった時間で毎週レッスンできる

担任制のデメリット

・ チケット制に比べ、料金が割高になってしまうことも
・ 事前連絡なしでレッスンに遅刻しても「出席扱い」になり、振り替えが受けられない可能性が高い
・ 1度決めた曜日や時間を変更することは難しい(同じ先生でレッスン出来ない場合も)

チケット制とは?

チケット制とは、レッスン回数などに応じた「チケット」を購入した上でレッスンを受ける方法。「ポイント制」と呼ばれることもありますが、仕組みは同じです。

例えば「レッスン20回分のチケット」を購入したら、利用者の都合に合わせて「好きな曜日、好きな時間」にレッスンを入れることが出来ます。例えば「週に3レッスンずつ予約して、残りは来月に使おう」と言った具合です。具体的には、ホームページなどで先生の予定(スケジュール)を確認して、利用毎に予約を入れます。

チケット制では「色々な先生を利用すること」が簡単にできます。担任制では1人の先生から英語を習うため「先生のクセ」までも一緒に身についてしまいます。一方、チケット制ならばそのような心配はありません。

また、チケット制の特筆すべき点が「購入したチケットで家族全員が利用できる場合がある」という点です。1つのアカウントで家族全員が利用できるオンライン英会話なら「月・木曜日は子供、火曜日はお母様、土曜日はお父様」と言ったような柔軟な利用が可能になります。これは、担任制では決してあり得ないオンライン英会話の利用法です。

チケットには有効期限が設けられていますが、期間内に使い切ることができれば最もフレキシブルな利用法です。このように自由度が高い利用法が実現している反面、それによって生じる不都合もゼロではありません。

一例では「人気のある先生の場合には予約が取れない」といったトラブルも少なくないようです。一部の先生に予約が殺到しないように「予約制限」が設けられている場合もあります。そうすると「毎週決まった先生で、決まった時間にレッスンする」ということは難しくなります。小さいお子さんの場合には毎回先生が変わると困惑する可能性も高いので、チケット制の利用は慎重に検討すべきです。そもそも「毎回予約しなければならない」という点については、面倒くさいと感じる方もいらっしゃることでしょう。

一部のオンライン英会話では「担任と曜日を決めた上でチケットも利用できる」というハイブリッドなシステムを採用している場合もあるようですが、基本的にはチケット制だと担任を選べないことが多いようです。

チケット制のメリット

・ 毎日数回レッスンを自由に予約できる
・ 色々な講師と会話することでコミュニケーション能力が育つ
・ 偏りのない英語習得が目指せる
・ チケットの範囲内で「家族全員で利用できるケース」がある

チケット制のデメリット

・ 先生のスケジュールに左右される
・ 人気のある先生の場合、なかなか予約できなかったり、一度に予約できるレッスン数が制限されたりすることもある
・ 毎回予約の手数がかかる
・ レッスン内容が毎回バラバラになる可能性がある

まとめ

「良い先生が見つかった場合」「毎回の予約が面倒な場合」は担任制を選べば良いと思います。こちらは初心者の方にもおすすめです。

「自由にレッスンを入れて様々な先生と接したい」「家族でオンライン英会話を利用したい」という方はチケット制を検討して下さい。こちらは、ある程度英語力が身についてきた方が利用した方が良いかも知れません。

いずれにしても、子供オンライン英会話を利用する際には「お子さんにとって最も無理のない方法」を選択して下さい。担任制、チケット制に優劣はありませんが、どうしてもそれぞれに欠点(デメリット)が生まれてしまうのは、現状では仕方のないことです。場合によっては「2つの子供オンライン英会話を使い分ける」(担任制とチケット制の子供オンライン英会話を利用する)など、フレキシブルに対応してゆくことが求められます。