中学受験進学塾いつから通うべき?

中学受験 小学生
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/syouin.jpg
中学受験進学塾いつから通うべき?

私立中学をお子さんの進学先として考えた場合、進学塾に通うことをお考えになると思います。

SAPIX、四谷大塚、臨海、栄光ゼミなどの進学塾は、小1から受け入れているところが多いのですが、はたして、何年生から進学塾に通うとよいのでしょうか。

この記事の寄稿者情報

茅ヶ崎国語塾主宰
茅ヶ崎国語塾主宰 田中弘子先生

公立小学校教師を経て、大手通信添削会社Z会で最難関大学受験コース(東大、京大コース)の現代文と小論文の添削を担当。その後、大手出版社小学館で学習教材の制作に携わったのち、大手中学受験進学塾SAPIXの国語教師を経て、茅ヶ崎国語塾を主宰。国語のつまずきの原因を探り、スモールステップで授業を行うことにより、国語が苦手な生徒の学力を劇的にUPさせてきた。

塾はいつから通えば良いの?

結論を先にお伝えしますと、お子さんの語彙量がお子さんの学年の2年上まで獲得できたならば、進学塾に入っても大丈夫です。

たとえば、お子さんが小学3年生の場合、小学5年生で習う漢字が読めるならば、進学塾での学びが充実します。

逆に、小学3年生の4月に小学3年生で習う漢字が読めない場合は、進学塾の授業についていくことができません。まず、漢字力を高め、語彙量を増やす必要があります。

なぜ通塾に語彙力が必要なの?

なぜ、語彙量が重要なのでしょうか。

たとえば、進学塾の場合、社会科の授業で県名が頻繁にでてきて授業が進められますが、愛媛、岐阜などの漢字の読みは、小学3年生では習いません。しかし、これらの読みができないと(組分けテストなどでは、県名を漢字で書くことも求められます)授業についていくことができません。

社会科だけでなく、理科、算数のテキストもお子さんの実年齢の学年以上の漢字がでてきますし、国語においては、中学で習う漢字の読みも要求されます

まずは、漢字力を高め、進学塾のテキストを読みこなすことができるレベルこそが通塾に必要な要素なのです。

通塾前に語彙力を養うには?

通塾前の語彙力UPに漢字検定

漢字検定を積極的に活用することがおすすめです。10級が小学校1年、9級が小学校2年、6級が小学校5年、5級が小学校6年に相当します。

小学6年生で漢検3級レベルの語彙力があれば、中学受験における国語の入試問題は読みこなすことができます。

語彙力を考慮しない場合塾はいつから通えば良いの?

漢字力、語彙力を考慮しないで進学塾に入る時期を考えますと、小学4年生がよいです。

理科や社会が小学5年生で急に難しくなりますので、小学4年生で中学受験に必要な知識をざっと吸収しておき、5年生のカリキュラムになったとき、「4年生で習ったよね」という感覚で学んでいくのが良いでしょう。

小1~3年生のうちはできるだけ体を動かして、体力、知力のベースアップを図り、小3の2月(進学塾の小学4年コースがはじまるとき)に入塾なさるとよいでしょう。

小学校の授業は完全に理解していないと通塾が厳しい

ただし、小学校の授業を完全に理解していることが前提条件です。

小3の2月に進学塾に入塾する場合、学校で習った小3の内容は確実に理解でき、なおかつ計算などはある程度のスピードで解ける状態であることが重要です。学校の授業内容を理解できていない場合は、入塾時期を遅らせ、その間に復習をこなしておきましょう

 いずれにせよ、中学受験のために大手進学塾に通うためには、体力、知力、気力が必要であることを心にとめておいてください。

費用面から塾にいつから通うか考える

中学受験で塾に通う場合、授業料がかかります。当然、早い時期から塾に通えば受験までにかかる総額も大きくなります

では、大手の塾SAPIXに通塾した場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

SAPIX 授業料 春期講習 夏期講習 冬期講習 費用総額
1年生 ¥17,280 不明 不明 不明 不明
2年生 ¥18,360 不明 不明 不明 不明
3年生 ¥20,520 不明 不明 不明 不明
4年生 ¥39,960 ¥23,760 ¥81,000 ¥31,320 不明
5年生 ¥50,760 ¥27,000 ¥105,840 ¥35,640 ¥726,840
6年生 ¥58,320 ¥37,800 ¥249,480 不明 ¥1,333,800

※2017年3月ママペディア調べ

授業料は4年生を境に一気に上がる

サピックス月額授業料

サピックスに限らず、授業料は4年生を境に一気に上がります。5・6年生は仕方がないにしても、この1年間通塾するかどうかで総額費用は60万円近く違ってきます

さらに、塾に通い始める学年を1つ下に下げれば、年間約30万円程度増えることになります。

では塾はいつから始めれば良い?

みなさんもうお分かりの通り、中学受験を考えているのであれば準備ができたタイミング(1〜3年生で準備をして4年生から)がベストです。

ただ、それには当然お金が必要です。

何が言いたいかと言いますと、ご家庭でもそれなりの「覚悟」が必要ということです。

費用面はもちろん、これから伸ばしていく「知力」も、そのための「体力」も必要で中途半端に手を出すと火傷するよということをぜひ覚えておいてください。

最後に

進学塾に通う場合、親がしなくてはならないこと、習い事の是非やについて、あるいは、中学受験に大手進学塾は本当に必要かどうかなど、いくつかお伝えしたい内容がありますが、それらについては、回を改めて、詳しくお伝えしたいと思います。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。