中学受験ブログ2〜#花粉症#春期講習

中学受験 小学生
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2018/02/biog1-1024x768.jpg
中学受験ブログ2〜#花粉症#春期講習

前回あと3点でCクラスを逃してしまい、週テスト会場に行くとお友達は結構Cクラスに上がっていて・・・テンションがた落ちの渚さんです。

追い打ちをかけるように花粉症で目がかゆい、頭がいたい、鼻水が止まらない=集中できない。

ここを乗り切れるかは大きな鍵になりそうです。

また、「塾なし」というテーマから外れますが、週テストを受けている塾の春期講習に参加してみることにしました

中学受験塾の講習って何をするの?ということも含めて参考にしてくださいね!

塾なし中学受験ブログ主人公

予習シリーズ5年生第6回〜9回の範囲と学習

  算数 国語 理科 社会
第6回 円(2) 説明文(3) 星の動き 日本の工業(3)
第7回 食塩水 説明文(3) 月の満ち欠け 日本の貿易
第8回 売買損益 物語・小説(4) 季節と生物 交通・通信・情報化
第9回 差集め算 物語・小説(4) てんびんとバネ 日本のすがた

予習シリーズ5年生第6回〜9回の週テスト結果

  算数 国語 理科 社会 4教科
第6回 62 65 42 48 217
第7回 76  77  49  50  252 
第8回 80  58  61 49 248 
第9回 68 46  44  56  214 

第2回組分けテストの結果

算数 国語 理科 社会 4教科
136   76  76 72  360 

点数自体はたいしたことないが、大きなトラブルを乗り越えようやくCクラスに昇進!

組分けテストをみると、今回範囲ではないところも結構満遍なく出てきているのでこれからは本当の実力勝負になってくるかな。

ていうか国語・・・。もう完全に得意科目とは言えない。平均低いとはいえ、それをカバーするくらいの力があったのに。完全に課題になってしまっている。

実は、このサイトにも寄稿していただいている国語塾さんに指導を仰ぐことも検討しています!

塾なし中学受験今回起きたトラブルと反省(覚書)

今回の範囲で起きたトラブルやつまずいた点を時系列で挙げていきます。

国語はもはや得意教科ではない?

前回の組分けテストの結果、週テスト1,2回の結果、放置していた国語がとんでもないことにっていることに気づく。

読書が趣味の本人も、国語の点数が落ちてきていることは相当ショックな模様。。。

で、少し分析してみたところ以下の原因が判明。

  • 解き方が悪く時間がかかる
  • 大意は取れているが詰めが甘い
  • 単純に語彙力がない

解き方が悪く時間がかかる

まず、解き方の悪さに関しては以下の流れで解いていることが判明。

「文章を全部読む→問題を読む→もう1回文章を読む」

このパターンは1番時間がかかるのでスピード勝負の国語では命取り!正しくは

「問題文を見渡して下線部以外の問題を確認→その答えを探しながら文章を読む→下線部にぶつかったら問題を解く」

このパターンに変える訓練をしなくてはいけない(多分時間がかかる)!

大意は取れているが詰めが甘い

ここから抜くという部分は当っているけど、答えが微妙に違う。

これは、国語ができるゆえ感覚で解いているから。国語ができる子には下手に読解テクニックを教えない方が良いと考えているのであえて放置してきたが、読みもの的に読めるこの参考書を勝手に読んでおいてと渡した。

有名なふくしま式の教材。この本のいいところは次のページに答えが載っていること。机に座って勉強するというよりは、読みもの的に読ますことで、さっとテクニックがさらえる。

結果はわからないが、渚さんは「なるほどっていう部分が多く面白い」と言っている。

語彙力がない

確かに普通に生きていたら「仰々しい」ってわからないよね(笑)語彙を単体で覚えるのは反対派なのですが、読解でよく出てくる語句を覚えるというこちらもふくしま式の本をプレゼント。

ちなみにこっちは全く興味を示さず!

結果はどうであれ、少し国語を教える時間を増やすのと、テクニックや語彙を増やしていこうと思った。

花粉症をはじめとした体調不良は早めの対処を

ご覧いただくとわかるが、 6回の週テストがボロボロだった。テスト会場の塾に着くなり

「渚ちゃん、ちゃんと寝てる?」

と言われたらしいが、10秒に1回、目をこすって、1分に1回鼻をかんでいる状態。これで集中できるか!って話だが、病院に言っている時間もないということで2週間ほど放置。

見かねて「嫁に病院連れて行け!」と言ったところ少しはマシになったみたい。

健康第一!体の異変を感じたら勉強よりもすぐに病院へ!

春期講習に行かせてみて気になったポイント

毎回、週テストでお世話になっている塾で春期講習を受けた娘の感想です。

1.毎日勧誘される

と、まんざらでもなさそうに話していました。

「塾に通ってなくてこれだけ取れるんだから来たらフェリス目指せるよ」

で、バレエやめて通ってみようかなといいだす始末(笑)ブログが終わる!

2.先生はどの先生もわかりやすい

算数は、4年生の時、特待で言っていたトップ校選抜見たいなクラスで教わっていた先生なので、もともとすごくわかりやすいと。

国語・社会は塾長、他理科の先生という感じみたいだが、やはり都市の選抜クラス。先生はどの先生もわかりやすいと言って帰ってきました。(ただ結果が伴うかどうかはテストを見て判断かなと思っています)

3.とにかく講習の時間が長い

なんと朝の9時から夕方の18時まで、お昼休憩は20分。家では何にもしなくていいですよというスタンスです。

実は、この部分が半信半疑。教えるのがうまいと定着させるのは別問題。

つまり、塾に通っても、家で同じく僕が例題や基本問題を解説しなければならない状態だと通わせる意味があまりない。この拘束時間だと逆に首を締めることにもなりかねない。

売買損益の基本問題を解かせてみたら

(笑)

基本問題がひどいことに

何で間違えたかは見ていないがやはり塾は効率悪いなと思ってしまった。。。

春期講習後の勉強の手応え

さすがに導入の説明が必要ない分、いつもよりは楽でした。

が、いつもよりは程度。結局、売買損益については週テストの当日までバタバタと教えてました

差集め算は練習問題も含めものすごくできていました。

春期講習で先取り、で通常授業はなにやってるの?

うちの娘は春期講習しか塾に言っていないので、気になって学校の友達に聞いてみたらしい。

「春期講習で売買損益とかやっちゃったけどなにやってるの?」

「ひたすら問題解かされてる」

やっぱり・・・。春期講習で先取りって言っても通常授業でいつもやるところをやっているだけ。そうなると通常授業が問題演習になる。うちは家で問題演習させるから良いけど。

通塾生は講習全く意味ないな・・・。

現に春期講習開けの週テスト平均点がいつもより高い

方程式教えるの?議論

では、家で差集めができる。

この余裕な期間、なにをさせるか?先取り?

そこで方程式を教えてみた。これが結構簡単に理解する。なぜなら小学生の問題に
「ー=+」や「+=ー」は出てこない(答えがーはありえないから)ので「ー」は無視しろ!でおしきれる!

方程式教えたら、差集め算は応用演習でも解ける様になってしまった。

塾はこういうことを春期講習とかで特集組んでやるべきだよね

母娘のトラブル最悪な状態に

最後の2週間は最悪。娘は何をしても「やだ」「違う」しか言わないし、母親はすべての行動にいちいち文句。どんどん状態は悪くなっていき・・・、9回の週テストで過去最低点(汗)

「もう受験やめたい」

と母。早すぎる(笑)!

「辞めるのはいいけど、自分の都合で初めて、自分が嫌になったらやめるとかありえない!」と説教し、一応・・・

夏期講習まで(残り組分け3回)に「Cクラスに上がれなかったら受験やめよう」と。それに向けて努力ができずに結果が出なければあきらめましょうと。