子供にGPSは本当に必要か徹底検証!

中学受験 小学生
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2018/03/5dd6df6cbe1603dbe165a27c36fc5b16_s.jpg
子供にGPSは本当に必要か徹底検証!

目の届かないところでの子供の安全、気になりますよね。「せめて情報端末でわが子を見守りたい」と思うのは、親として当然の心情です。

そんな親御さんの気持ちに応えるべく、キッズ携帯や警備用GPS端末など、見守り用のGPSグッズは多数リリースされています。スマホのGPSアプリも、子供の見守りに役立つアイテムの1つです。

これらのGPSグッズは、それぞれにメリットやデメリット、向いている人が違っています。また、長期間使うことから、各グッズのコストの違いも無視できません。

子供の見守りに最適なGPSグッズを選ぶには、目的とコストパフォーマンスを意識することが重要です。そこで本記事では、各種のGPSグッズを徹底比較。おすすめの端末やサービスをご紹介します。

GPS端末とキッズ携帯とアプリの比較

 

 

GPS端末

キッズ携帯

アプリ

メリット

・携帯電話禁止の学校でも持ち込める
・現場急行サービスが標準で利用できる
・子供に持たせておくだけで役に立つ

・家族間の通話が無料
・SMSが使える
・オプションで現場急行サービスを利用できる

・手持ちのスマホを活用できる
・格安SIMで運用できる

デメリット

・通話機能が限定的
・子供から親へのコミュニケーションができない

・親の携帯電話契約が必須
・学校に持ち込めない場合がある

・不要な機能を制限する必要がある
・学校に持ち込めない場合がある
・小さな子供には向かない

向いている人

・子供が小さく迷子が心配な人
・携帯電話と見守り用端末の契約を分けたい人

・3大キャリアの携帯電話を契約している人
・子供に携帯電話の使い方を覚えさせたい人

・お子さんが中学生以上の人
・古くなったスマホを活用したい人

料金概算

・端末代=0円(レンタルの場合)
・契約手数料4,000円〜5,000円
・月額料金=900円〜2,900円/月

・端末代=10,368円〜18,360円(一括購入時)
・契約手数料=3,240円
・月額料金=500円〜1,067円/月

・アプリの月額料金=0円 (無料アプリの場合)
・スマホの端末代や利用料金が別途必要

 

 

GPSでおすすめのキッズ携帯は?

携帯電話の3大キャリアでは、GPSを搭載したキッズ携帯を販売しています。キッズ携帯には、どのような機能が備わっているのでしょうか。また、おすすめの機種は?以下で詳しく見ていきましょう。

キッズ携帯でできること

キッズ携帯の主な機能をチェックしてみましょう。

  • 音声通話
  • SMS
  • 位置検索
  • 防犯ブザー
  • 現場急行サービス

キャリア各社のキッズ携帯は、音声通話とSMS(ショートメッセージサービス)に対応しています。携帯の基本機能が備わっている、ということになりますね。 また、GPSによる位置検索も、キッズ携帯の基本機能です。親御さんのスマートフォンを使って、子供の現在位置を調べられます。

防犯ブザーも、キッズ携帯に標準装備されている機能です。紐を引くだけで、ブザーを鳴らすと同時にメール送信や電話発信などを行えます。

さらに機種によっては、警備会社の現場急行サービスも利用可能です。ただし、この機能はオプションであり、別途契約とサービス利用ごとの料金支払いが必要です。

キッズ携帯ではできないこと

便利なキッズ携帯も、以下の機能には対応していません。

  • インターネット
  • Eメール
  • アプリの追加
  • カメラ

キッズ携帯は、インターネット接続やEメールの送受信、アプリの追加に対応していません。逆にいえば、有害なサイトやEメールなどによる悪影響を心配しなくてもよい、ということになります。

また、キッズ携帯にはカメラが搭載されていません。

この点は、お子さんが物足りなさを感じるかもしれませんね。 ちなみにソフトバンクでは、カメラ搭載したキッズ携帯「キッズフォン」の発売を予定しています。発売予定日は2018年4月上旬以降です。カメラ付きのキッズ携帯が欲しいなら、キッズフォンの発売を待ってみてはいかがでしょうか。

なお、キッズ携帯は学校に持ち込めない場合があります。購入を検討するなら、まず学校に持ち込みの可否を問い合わせてみてください。

大手3社キッズ携帯比較

 

  F-03J (NTTドコモ) mamorino 4 (au) みまもりケータイ4 (ソフトバンク)
画像

 

 
機種代金 10,368円 16,200円 10,320円
基本料金 540円/月 540円/月 529円/月
親の契約 必要 なしでも契約可能 
(ただし親向け機能の利用ができないので注意)
必要
位置確認料金 ・サービス名称=イマドコサーチ
・月額使用料=216円/月
・検索料=5円/回
・サービス名称=安心ナビ
・月額使用料=324円/月(auスマートパス会員は無料)
・検索料=無料
・サービス名称=位置ナビ
・月額使用料=216円/月
・検索料=5円/回
通話料金 20円/30秒 
(家族への国内通話は無料)
20円/30秒
 (家族への国内通話は無料)
20円/30秒 
(家族への国内通話・
5分以内の国内通話は無料)
SMS料金 3円/回 (受信は無料) 3円/回 (受信・家族への送信は無料) 無料
防水/防塵 防水(IPX5/IPX8) / 防塵(IP6X)
耐衝撃にも対応
防水(IPX5/IPX7) / 防塵(IP5X)
耐衝撃にも対応
防水(IPX5/IPX8) / 防塵(IP5X)
耐衝撃にも対応
連続通話時間/連続待受時間 約370分 / 約570時間 約530分 / 約300時間 約600分 / 約750時間 (3Gエリアの場合・4GLTEエリアでは約590時間)
防犯機能 防犯ブザー
みまもりアラート
防犯ブザー
緊急通報メール
ココセコム※
現場急行サービス※
防犯ブザー
現場急行サービス※
※利用には別途契約が必要です    

上記表に記載した価格や料金は税込みです。3大キャリアのキッズ携帯は、どの機種も家族への国内通話が無料となっています。また、ドコモの「F-03J」以外は、家族あてのSMS送信料も無料です。

機種代金は、auの「mamorino 4」が他社製品より高額になっています。ちなみにmamorino 4は、2018年2月2日に発売された最新キッズ携帯です。タッチパネル操作と音声操作に対応しています。 基本料金は、3社でほぼ変わりません。どのキャリアのキッズ携帯も、維持費はほとんど同じと考えてよいでしょう。

防犯機能では、auとソフトバンクが現場急行サービスに対応しています。

現場急行料金は、auが1回につき5,400円(税込)、ソフトバンクが5,940円(税込)です。どちらのキャリアの現場急行サービスも、対応時間は1時間まで。サービスの延長には追加料金が必要となります。

以上ご紹介したように、3大キャリアのキッズ携帯は料金と機能に大きな差がありません。また、どのキッズ携帯も、親が契約するスマホとの連携により機能を発揮します。このため、現在ご契約中のキャリアの機種を利用することが、キッズ携帯選びの基本と考えてください。

もし、新たにキャリアを契約するなら、おすすめはソフトバンクの「みまもりケータイ4」です。通話料金やSMS料金がやや安いほか、連続待受時間で他社製品を一歩リードしています。

GPS端末のおすすめは?

大手警備会社では、子供の見守りに役立つGPS端末を提供しています。GPS端末の機能や、おすすめの端末を見ていきましょう。

GPS端末でできること

警備会社のGPS端末には、以下の機能が備わっています。

  • 位置検索
  • 音声通話(機能は限定的)
  • 警備会社への通報
  • 現場急行サービス

GPS端末の主要な機能といえるのが、端末の位置検索です。パソコンやスマホで専用ページにアクセスすることで、端末の現在位置を確認できます。お子さんの帰りが遅い場合や、迷子になった場合などに役立ちそうですね。

音声通話については、対応機種が限られます。また、機能は限定的で、キッズ携帯のように自由に通話できるわけではありません

このほかGPS端末には、警備会社に通報する機能が備わっています。

操作方法はごく簡単なので、小さなお子さんでも迷わず通報できるはずです。 GPS端末からの通報を受けると、警備会社から緊急連絡先に電話が入ります。連絡を受けた後は、保護者が対処するか、現場急行サービスを利用するかを選択できます。

現場急行サービスについては、キッズ携帯の場合と同様に有料です。

GPS端末ではできないこと

GPS端末では、以下の機能を利用できません。

  • 保護者への音声通話の発信
  • SMS

先にも触れたように、GPS端末の音声通話機能は限定的です。登録した電話番号や警備会社からの着信と、緊急通報用番号(110番や119番など)への発信のみが可能となっています。

GPS端末から保護者の電話への発信はできません。 また、GPS端末はSMSにも非対応です。メッセージによるコミュニケーションは行えません。GPS端末はあくまでセキュリティ用の機器です。お子さんとのコミュニケーションには、役立たないと思ってください。

なお、機能が限定される反面で、GPS端末は携帯電話禁止の学校にも持ち込める場合があります。端末持ち込みの可否については、通学中の学校に問い合わせてください。

大手セキュリティ2社GPS端末徹底比較

サービス名(提供会社) まもるっく(ALSOK) ココセコム(SECOM)
画像
機種代金 23,2200円(レンタルプランの場合は
0円)
0円 
(レンタルのみ・充電器の購入が別途必要)
初期費用 4,860円 5,400円(インターネットから申し込んだ場合は4,860円)
基本料金 ・お買い上げプラン・・・1,188円/月
・レンタルプラン・・・2,160円/月
・毎月10回プラン・・・972円/月
・毎月30回プラン・・・2,052円/月
・毎月60回プラン・・・3,132円/月
通話機能 緊急通報用番号への発信および、
登録した電話番号からの着信のみ可能
なし
位置検索料金 回数に関わらず無料 プランの無料回数超過分・・・108円/回
現場急行料金 1回に月6,480円/1時間 1回につき10,800円/1時間

人気の高い見守り用GPS端末といえば、ALSOKの「まもるっく」SECOMの「ココセコム」です。

2機種の最も大きな違いは、通話機能の有無。

まもるっくが音声通話に対応している一方で、ココセコムは通話に非対応です。また両機種では、料金システムが少し異なっています。

まもるっくは、位置検索を何度でも無料で利用可能です。ただし、レンタルプランの基本料金がやや高額に設定されています。

一方のココセコムは、プランごとに位置検索の無料回数が決まっています。無料回数を超えて位置検索を利用するには、追加料金を支払わなければなりません。このため、位置検索の回数を考慮してプランを選ぶ必要があります。

通話機能が欲しい場合や、位置検索の回数を気にしたくない場合は、まもるっくを選んだほうがよいでしょう。コストをなるべく下げたい場合は、ココセコムの契約も検討してみてください。

時計タイプも人気?

製品名(キャリア) ドコッチ 01 (NTTドコモ) mamorino Watch (au)
画像
機種代金 10,584円 38,772円
基本料金 842円/月 1,077円/月
親の契約 なしでも契約可能
(ただし定額データプランへの加入が必要)
なしでも契約可能(ただし親向け機能の利用ができないので注意)
位置確認料金 ・サービス名称=イマドコサーチ
・月額使用料=200円/月
・検索料=5円/回
・サービス名称=安心ナビ
・月額使用料=300円/月(auスマートパス会員は無料)
通話料金 音声通話は非対応 20円/30秒(家族への国内通話は無料)
SMS料金 3円/回(受信は無料) 3円/回
(受信・au携帯への送信は無料)
防水/防塵 防水(IPX5) / 防塵(IP5X) 防水(IPX5/IPX7) / 防塵(IP5X)
耐衝撃にも対応
連続通話時間/連続待受時間 約72時間(連続待受時間) 約170分 / 約130時間
防犯機能 SOSボタン
みまもりアラート

多機能な防犯ブザー
はなれたらアラーム(迷子防止機能)

「キッズ携帯は置き忘れや紛失が心配」という保護者の声を受けて発売されたのが、時計タイプのキッズ携帯です。本記事作成時点では、ドコモの「ドコッチ 01」とauの「mamorino Watch」が販売されています。

ただし、ドコッチ 01については、2018年3月31日に販売が終了する予定です。また、専用サービスである「ドコッチサービス」についても、2019年3月31日のサービス終了が予定されています。

このため、今から時計タイプのキッズ携帯を購入するなら、選択肢はmamorino Watchのみと考えてください。

mamorino Watchの主な機能は、通常のキッズ携帯とほぼ同様です。従来の時計タイプとは違い、音声通話も可能となっています。

mamorino Watchは、現場急行サービスに対応していません。また、電池の消耗が早い点も、この機種のデメリットとして押さえておくべきです。

もう一点付け加えると、mamorino Watchは子供1人での装着が難しいかもしれません。購入を検討するなら、一度auの店舗で実物を触ってみることをおすすめします。

子供見守りGPSアプリおすすめ3選

子供の見守りには、スマホのGPSアプリも役立ちます。特にお子さんが中学生以上の場合は、スマホでの見守りがおすすめ。中学生以上はキッズ携帯を契約できませんし、どのみちスマホを欲しがると思います。

ただ気になるのは、スマホやアプリの利用にかかる費用ですよね。この節では、GPSアプリの利用に必要な費用と、おすすめのGPSアプリをご紹介します。

GPSアプリを使用するのにかかる費用

GPSアプリで子供を見守るなら、格安SIMでのスマホ運用がおすすめです。ここでは費用の一例として、「mineo」でのGPSアプリ運用に必要な金額をご紹介しましょう。まず、以下の表をご覧ください。

 

月々の費用

3年間の費用

端末代(Zenfone Liveを24回分割払いで購入した場合)

810円/月

19,440円

スマホ利用料 A
 (mineo・Dプラン・シングルタイプ3GBを契約した場合)

972円/月

34,992円

スマホ利用料 B 
(mineo・Dプラン・デュアルタイプ3GBを契約した場合)

1,728円/月

62,208円

アプリ利用料金

0円 (無料アプリの場合)

0円 (無料アプリの場合)

合計

・端末代+Aの場合=1,782円
・端末代+Bの場合=2,538円

・端末代+Aの場合=54,432円
・端末代+Bの場合=81,648円

上記の表では、mineoの契約に合わせて格安スマホ「Zenfone Live」を購入した場合の費用を記載しています。

格安SIMの利用料は、「シングルタイプ(データ用SIM)」を契約した場合と、「デュアルタイプ(音声通話付きSIM)」を契約した場合の2パターンで計算しました。

GPSアプリは無料のものが多いため、料金を0円としています。 シングルタイプとデュアルタイプでは、月々の料金が756円違っています。3年間使用した場合だと、両タイプの料金差は27,216円。かなり違いますね。

ちなみに、シングルタイプを契約した場合でも、SNSアプリ(LINE・Skypeなど)による音声通話は可能です。ただし、警察への緊急通報は行えません。子供用の格安SIM選びは、この点を押さえて行ってください。

以上の点を踏まえて、おすすめのGPSアプリを見ていきましょう。ご紹介するアプリは、いずれも無料で利用できます。ぜひ実際にインストールして、使い勝手を確認してみてください。

Life360

life360

登録したメンバーの位置情報をチェックできるアプリです。現在位置だけでなく、移動ルートもチェックできます。バッテリーアラートが備わっている点も、「Life360」のうれしいポイント。スマホの電池残量低下を察知して、お子さんに知らせることができます。

Lunascope

lunascape

省電力で使えるGPSアプリです。設定した場所への到着を自動で通知する機能があり、学校や塾への到着確認に役立ちます。また、モバイルネットワークでの位置検出に対応しているため、お子さんが屋内にいる場合も位置情報の確認が可能です。

Zenly

Zenly

女子高生に人気の高いGPSアプリです。登録した家族の位置確認はもちろん、グループチャットも可能となっています。ポップでかわいい画面デザインも「Zenly」の魅力の1つ。防犯だけでなく、お子さんとのコミュニケーションにも役立ちますよ。

life360を実際にインストールして使ってみた

四谷大塚の組分けテストの時、実際このlife360を使うと、正確にGPS機能が働くのかどうか試してみました。

位置情報が地図に表示

まず、登録すると位置情報がこのように地図に表示されます。

招待コードを共有

次に、お子様の携帯にも「life360」のアプリをダウンロード。そして招待コードを共有します。

なんとこれだけでOK。最初の画像にコードを共有した相手(子供)の位置情報が表示され、自分と子供がどの位置にいるのかすぐに確認できるようになります

life360の位置情報の正確さはいかに?

コートダジュール

さて、簡単に始められることはわかりましたが、位置情報の正確さはどんなものなのでしょうか?上は新横浜のコートダジュールの画像。ちなみに現在、子供は近くの会場で四谷大塚の組分けテストを受けています。

life360位置情報

かなり正確な位置情報ですね。子供の会場、僕のいるコートダジュール、正確に地図が表示されています。もう1つ実験、テスト会場にやってきて(めっちゃ混んでます)GPSを確認。

四谷大塚組分け会場

子供は教室の中にいるのですが微妙なずれもGPSがしっかり感知してくれています

四谷大塚会場GPS

life360を使用してみた感想

まもるっくやココセコムのように何かあった時に駆けつけるという機能はないものの次の用途としては十分です!

  • 子供がきちんと塾にいるか確認する
  • 子供が寄り道をせずにまっすぐ帰ってきているか確認する
  • 迎えにいく際子供がどこにいるかの位置を確認

後日談ですが、私この組分けテストの時、3時間以上あったので一旦横浜駅にあるオフィスに戻り仕事をしようと思っていた(すると子供には言っていた)のですが、面倒になり近くのWINSで競馬をやっておりました。

するとテスト会場から出た子供に「パパ、近くにいたでしょ?」と。

GPS恐るべし・・・嫁とは共有できぬ(笑)

GPSは結局どれがいいのか?

冒頭でもお伝えしたとおり、現在の環境に最適なGPSを選ぶには、目的とコストに着目することが重要です。

電話機能は不要、もしくは携帯電話を学校に持ち込めないなら、選択肢はGPS端末のみになります。

一方、電話機能を求めるのなら、キッズ携帯かスマホが必要です。3大キャリアのキッズ携帯と格安スマホでは、コストの差はほとんどありません。お子さんの年齢に応じて、端末を選ぶとよいでしょう。

小学生のお子さんには、キッズ携帯が適しています。スマホは壊れやすいため、小さな子供が持つ端末として不適当です。ただ、高学年のお子さんは、スマホを欲しがるかもしれませんね。

携帯電話のキャリア各社では、キッズ向けのスマホも販売しています。ただし、キッズ携帯と比べると、利用料金が高額です。

コストを重視するなら、小学生の間はキッズ携帯を使わせたほうがよいでしょう。ただ、迎えにいくことが前提なのであれば無料のGPSアプリ(おすすめはlife360)で十分です!

お子さんが中学生以上の場合は、格安SIMとGPSアプリの組み合わせがおすすめです。格安SIMと一口にいっても、料金や特徴はブランドごとに違っています。気になる方は、一度ネットで情報をチェックしてみてください。