(スタサプ)スタディサプリテキストのカリキュラムをプロが分析!

中学受験 小学生 中学生 高校生
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2018/01/s6.png
スタディサプリテキストのカリキュラムをプロが分析!

今回は、スタディサプリのテキストに特化して分析します。

テキストのカリキュラムやクオリティはどうなのか?映像をみなくてもテキストだけでカヴァーできるレベルなのか?

塾でしか買えないテキストを数万冊見てきた元塾講師が分析していきます!

この記事の寄稿者情報

ママペディア運営者
ママペディア運営者 江ノ島明人

大学生の時にアルバイト先の塾で上位層の子しか見ない方針に納得できず自ら学習塾を設立。2016年まで公立中高一貫校の作文指導を行い倍率約10倍の試験で30%以上の合格率を叩き出した。現在は、IT企業の代表として企業のマーケティング支援を行う。

スタディサプリのテキストの値段は?

スタディサプリテキストダウンロード

スタディサプリのテキストの料金は無料です。スタディサプリの会員であれば、無料でダウンロードできプリントアウトをすることも可能です。

後ほど紹介する全カリキュラムに対応するテキストが無料で使い放題です。

テキストを冊子で欲しい場合は?

スタディサプリでは、映像授業を見ながらテキストに書き込んでいく授業が多いです。それを考えると、テキストは冊子で手元に置いておきたいですよね。

そういう時は、1200円(税抜)でテキストを購入することができます。

購入方法は簡単。今度は画像のこの部分をクリックすれば良いだけです!

スタディサプリテキスト購入

パスワードを入れていき、この画面になったら購入完了です。数日で手元に到着します!

スタディサプリテキスト購入画面

テキストはどのくらいで届くの?

スタディサプリテキスト

私の場合、スタディサプリのテキストは、購入してから3日後に到着しました

他サイトの口コミ等を見ても、1週間以内というケースが多いようです。それをすぎても到着しない場合は注文ができていない可能性もありますので、問い合わせてみてください。

スタディサプリのテキストのボリュームは?

スタディサプリのテキストは1講座がおよそ5~10Pで構成されています。

各学年算数・数学基礎講座のテキストのボリュームをまとめてみたので参考にしてください。

  ページ数 担当講師
小4 445P 尾崎正彦先生
小5 336P 尾崎正彦先生
小6 387P 尾崎正彦先生
中1 384P 山内恵介先生
中2 392P 山内恵介先生
中3 382P 山内恵介先生
高1(数1A) 491P 山内恵介先生
高1(数2B) 581P 山内恵介先生

もっとも少ない小5で336ページ、もっとも多い高1の数2Bは581ページのボリュームです。

これを家のプリンターでプリントアウトしていたら、インク代と紙代合わせて1枚5円だとしても約2500円かかってしまいます。勉強のしやすさを考えると、テキストを購入した方が安くつくかもしれません。

同じ先生の授業を受けることができるのは嬉しい

スタディサプリは、算数の先生が尾崎正彦先生、数学の先生が山内恵介先生が全学年授業をしてくれます。特に、中学から高校に上がる際に、同じ先生の授業を受け続けることはできない場合が多いので、とても嬉しいですね。

ちなみにこの2人の先生方は私などが評価するのは恐れ多い本当に超一流の講師です。

尾崎正彦先生

 

尾崎正彦先生

引用:https://studysapuri.jp

 

  • 学校図書「みんなと学ぶ小学校算数」教科書編集委員
  • 『アクティブラーニングでつくる算数の授業』
  • 『「書くっておもしろい!」表現力を鍛える算数授業のススメ』
  • 『思考力・表現力を評価する算数テスト集―「B問題」に強くなる-』
  • 『算数の授業がもっとうまくなる50の技』
  • 『小学校算数の授業づくり はじめの一歩』
  • 『算数学力日本一への挑戦』

数々の著書があり、小学校算数の教科書の編集委員という実績もある先生です。教育奨励賞文部科学大臣賞などの受賞経験があり、思考力・表現力を鍛える算数の公開授業は、たくさんの人が集まるといいます。

こんな先生に小学校のすべてのカリキュラムを教えてもらえるのだから、期待してしまいますよね。

山内恵介先生

山内先生は、実際に授業のサンプル動画があるのでご覧ください。

スタディサプリテキストのレベルや特徴は?

スタディサプリのテキストのレベルについて触れておくと、正直優れた教材とは言い難いです。

塾を運営しているとわかるのですが、教材の権利を買い、オリジナルテキストとして販売して良いという業者があるのですが、そういうところから集めてきた感じが強いです(確認したわけではないので実際はわかりません)。

現実的な使用用途の話でいくと、以下の問題点があると感じます。

  • 問題演習の量が圧倒的に少ない
  • 説明・演習などがスパイラルになっていない

やはり、算数は問題数をこなしてなんぼという部分があります。その点では、スタディサプリのテキストは問題数・出題方法ともにかなり少ないです。

また、基本的に説明完結型になっているため、ただ動画を見て、問題を解いても力が定着しづらい気がします。ただ、この部分はスタディサプリの機能でカヴァーができます。

ここからはスタディサプリの動画やテキストの良い部分を挙げていきます。

全学年・全動画いつでも見ることができる

これがスタディサプリの最大の特徴です。テキストの質の低さはこの部分でカヴァーできます。苦手な分野は戻っていつでも復習することができるからです。

テキストには使い方も書いてある

実は、スタディサプリのテキストには全学年、どのようにテキストや動画を使って勉強したら良いかというチュートリアルがついています。

これは個人的な意見になりますが、テキストって本来、まずこれを載せるべきだと私は思っています。ようは、テキストの質が低いのではなく、スタディサプリには意図があったのです!

 

スタディサプリテキスト使い方

参考:https://mediacdn.studysapuri.jp

 

質の高い映像授業を見ながら書き込ませることを優先するテキスト

それがスタディサプリテキストの特徴です。こういった作りなので問題演習量は必然的に少なくなってしまいますよね。

ですから、問題ばっかり載っているテキストと、スタディサプリのテキストの組み合わせが最強だと考えます。

スタディサプリテキストのカリキュラム

スタディサプリテキストカリキュラム

最後に、スタディサプリテキストのカリキュラムをまとめました。

中学生は、学校の教科書に対応しているというこだわりようです。実は数学はあまり教科書ごとの特徴はありませんが、英語では教科書対応は非常に大きいですよね。正直、スケジュール管理が出来る子であれば塾は必要ありません。

(スケジュール管理ができないから自宅学習教材をうまく使いこなせないわけですが・・・)

ただ、中学受験は少し厳しいかなといった印象。

スタディサプリ小学生基礎講座カリキュラム

  4 5 6
第1講 大きい数① 整数と小数 線対称
第2講 大きい数② 平均 点対称
第3講 おれ線グラフ① 単位量当たりの大きさ 文字と式①
第4講 おれ線グラフ② 小数のかけ算① 文字と式②
第5講 角① 小数のかけ算② 分数のかけ算①
第6講 角② 図形の合同と角 分数のかけ算②
第7講 いろいろな四角形① 三角形と四角形の角 分数のわり算①
第8講 いろいろな四角形② 小数のわり算① 分数のわり算②
第9講 1けたでわるわり算① 小数のわり算② 倍と割合
第10講 1けたでわるわり算② 体積① 小数と分数の計算①
第11講 小数① 体積② 小数と分数の計算②
第12講 小数② 倍数と約数① 円の面積①
第13講 2けたでわるわり算① 倍数と約数② 円の面積②
第14講 2けたでわるわり算② 分数① ならべ方と組み合わせ方①
第15講 がい数① 分数② ならべ方と組み合わせ方②
第16講 がい数② 分数のたし算とひき算① 速さ①
第17講 式と計算① 分数のたし算とひき算② 速さ②
第18講 式と計算② 分数のかけ算とわり算① 立体の体積①
第19講 面積① 分数のかけ算とわり算② 立体の体積②
第20講 面積② 図形の面積① 比とその利用①
第21講 しりょうの整理 図形の面積② 比とその利用②
第22講 小数のかけ算とわり算① 比例① 拡大と縮図①
第23講 小数のかけ算とわり算② 比例② 拡大と縮図②
第24講 分数① 正多角形と円① 比例と反比例①
第25講 分数② 正多角形と円② 比例と反比例②
第26講 直方体と立方体① 立体① 資料の調べ方
第27講 直方体と立方体② 立体② 量と単位①
第28講 ともなって変わる量① 割合とグラフ① 量と単位②
第29講 ともなって変わる量② 割合とグラフ② 6年のまとめ①
第30講 4年のまとめ 5年のまとめ 6年のまとめ②

完璧に小学生で習うべき範囲がカバーされています。さらに、先ほどご紹介した尾崎先生の映像授業付きです。

お家の人がスケジュール管理さえきちんとしてあげれば、確実に塾代を浮かせることができます(小学校授業の補習で塾にいく必要がありません

スタディサプリ中学受験のカリキュラム

逆にこちらは厳しいかなという印象。まずは四谷大塚の予習シリーズとのカリキュラム比較をご覧ください。

  • 4年生
  スタディサプリ 予習シリーズ
1 およその数切り捨て・切り上げ・四捨五入 かけ算とわり算
2 平行線と角度 角度の基本/平行と垂直 角の大きさと性質
3 図形の性質 三角形と四角形の分類 計算のきまりと順序
4 計算の工夫()を使った計算、逆算/工夫いろいろ 和差算
5 植木算 木の本数と間の数/植木算の利用 総合
6 規則性 いろいろな数列/等差数列の和 植木算
7 和差算2つの和と差/3つ以上の和と差 小数(1)
8 やりとり算 さかのぼって考える/線分図の利用 分数(1)
9 消去法 差で考える/置きかえる 正方形と長方形
10 つるかめ算 2つのうちんの1つによせて考える 総合
11 過不足算 単位量あたりの差を考える 約数と公約数
12 方陣算 中実方陣・中空方陣/列を増やす 倍数と公倍数
13 円とおうぎ形 中心角で分ける/まわりの長さ 条件整理と推理
14 立体図形 平面でとらえる/でこぼこ立体の表面積 円(1)
15 4年生まとめ総合テスト形式 総合
16   分配算
17   小数(2)
18   分数(2)
19   方陣算
20   総合
21   分数(3)
22   消去算
23   割合(1)
24   場合の数(1)
25   総合
26   立方体と直方体(2)
27   速さ(1)
28   場合の数(2)
29   総合
  • 5年生
  スタディサプリ 予習シリーズ
1 規則性①図形をならべる 倍数と約数
2 規則性②数を表にならべる 平均に関する問題
3 場合の数①カードならべ〜倍数の見分け方 多角形の性質
4 場合の数②組み合わせの考え方 割合(2)
5 場合の数③色のぬり分けと道の選び方 円(2)
6 量の変化①容積の基本と水面の高さの変化 食塩水
7 量の変化②水中に棒を入れる 売買損益
8 旅人算①速さの和と速さの差 差集め算
9 旅人算②来た道を引き返す/出発時刻が違う 総合
10 旅人算③3人の旅人算/グラフの読み取り 柱体とすい体
11 点の移動①1点の移動〜時間と面積の関係 場合の数(3)
12 点の移動②2点の移動〜位置関係に注目する 場合の数(4)
13 損益①百分率と割合 数に関する問題
14 損益②原価・定価・売値・利益の関係 総合
15 食塩水①食塩の重さ・食塩水全体の重さ 速さ(2)
16 食塩水②食塩水を混ぜる/食塩の重さに注目する 容器と水量(1)
17 日暦 曜日と日数の計算 旅人算とグラフ(1)
18 比の基本2つの数の比/連比(ルビ:れんぴ) 旅人算とグラフ(2)
19 比の利用 逆比/比例配分 総合
20 相当算①もとになる数を求める 比(1)
21 相当算②共通量を考える/年令算 比(2)
22 速さと比 逆比の利用/歩数と歩幅 平面図形と比(1)
23 還元算 さかのぼって考える 平面図形と比(2)
24 平均算 面積図を利用する/平均の速さ 総合
25 仕事算 一定時間あたりの仕事量を考える 速さと比(1)
26 倍数算 線分図で考える/比をそろえる 速さと比(2)
27 ニュートン算 増減の差/はじめの量を求める 平面図形と比(3)
28 理論と集合 推理算、集合算、投票算 規則性に関する問題
29 移動と回転①動ける範囲/三角形を転がす 総合
30 移動と回転②円を転がす/おうぎ形を転がす 速さと比(3)
31   流水算・通過算
32   仕事算
33   容器と水量(2)
34   総合
35   和と差に関する問題
36   図形の移動(1)
37   図形の移動(2)
38   総合
  • 6年生
  スタディサプリ 予習シリーズ
1 相似①相似の基本〜三角形の基本的な相似形 文章題(1)
2 相似②縮図の考え方 数と規則性(1)
3 面積比①底辺比と面積比の基本 平面図形(1)
4 面積比②相似形の面積比/面積比の利用 条件整理・場合の数
5 流水算①上り・下りの速さと流速 総合
6 流水算②川の出会い算/船の速さや流速の変化 立体図形(1)
7 通過算①通過するために動く長さ 数と規則性(2)
8 通過算②電車のすれ違いと追い越し 速さ(1)
9 時計算①基本的な動き/重なる時刻・一直線の時刻 総合
10 時計算②角度が○度になる/狂った時計 文章題(2)
11 速さのグラフ 相似に注目する/2人の間の道のり 数と規則性(3)
12 水量変化のグラフ2つの管/腰掛け風呂・仕切り水そう 平面図形(2)
13 数の問題①素因数分解の利用/約数・倍数の利用 変化とグラフ
14 数の問題②小数・分数に関する問題 総合
15 N進法 N進法基本/N進法を利用した問題 立体図形(2)
16 すい体 すい体の体積・表面積/投影図 平面図形(3)
17 回転体 回転体の体積と表面積 速さ(2)
18 立方体 立方体を切る/色つきの立方体 総合
19 かげの問題 相似の利用 文章題(1)
20 図形の移動 相似の利用/等積移動 数と規則(1)
21 数論総合①規則に関する問題/和と差に関する問題 図形(1)
22 数論総合②数の性質/場合の数/集合 文章題(2)
23 速さ総合①旅人算応用/2点の移動応用 数と規則(2)
24 速さ総合②色々な速さの応用 図形(2)
25 割合総合①売買損益・食塩水 文章題(3)
26 割合総合②割合と比を使った文章題 数と規則(3)
27 平面図形総合①角度の問題/図形の面積と長さ 図形(3)
28 平面図形総合②辺の長さと面積比/相似の利用 文章題(4)
29 立体図形総合①いろいろな立体の体積と表面積 数と規則(4)
30 立体図形総合②最大・最小を考える/ひもを巻きつける 図形(4)
31   入試直前対策(1)
32   入試直前対策(2)

テキストのカリキュラムを比較するとわかるのですが、スタディサプリのテキストはほぼ予習シリーズの全範囲をカバーしているものの、単元の枠が大きい(講座数が少ない)ことがわかります。

さらに、中学受験では、問題演習量や公開テストが重要になってくるので、この部分でも予習シリーズには見劣りします

予習シリーズで自宅学習をしている方が補助教材として映像授業を使うのは良いと思いますが、スタディサプリのみで中学受験をするのは難しいでしょう。

スタディサプリのテキストは購入するべき?

ここまで、値段、ボリューム、レベル・特徴、カリキュラムを見てきましたが、スタディサプリを中心に据えて今後学習を進めるのであれば

テキスト購入は必須だと思います。

ただし、中学受験の補助や、塾でわからなかったところの復習に映像授業を活用するというのであれば、都度プリントアウトすれば問題ないと思います。

このように、スタディサプリの使用方法は無限大です。

皆さんも自分に合うスタディサプリの活用方法を見つけてくださいね。