終了した「ドラゼミ」と「まなびwith」の違いは何? 比較してみた

中学受験 小学生 個別指導

お子様に大人気の「ドラえもん」をメインキャラクターに採用した幼児〜小学生向け通信教育サービス「ドラゼミ」が、2019年3月末をもってサービスを終了します。

そして、「ドラゼミ」に続く小学館の通信教育サービスとして、2019年4月よりスタートするのが「まなびwith」です。

「ドラゼミ」の後継サービスがどのようなものか、気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、「ドラゼミ」から「まなびwith」の違いについて、詳しく解説します。

すぐに資料請求して中身を確かめたい! という方は、こちらの画像をタップして請求してみてください。

 

「ドラゼミ」と「まなびwith」の違いを比較

毎月届く教材の違い

「まなびwith」に入会すると、1ヶ月分の教材が「◯月号」としてセットでご自宅に届きます。

 

セットの中で、学習の基本となるのがワークブックです。

国語、算数それぞれのワークブックには、基本問題・応用問題のほか「思考の達人ツール」が含まれています。

 

「思考の達人ツール」とは、ベン図や熊手図、XYチャートなどの図形を利用することで、自分の考えを「見える化」し、物事への理解を深め、表現できるようになることを狙う教材です。

 

ワークブックの内容は、基本的に「ドラゼミ」のテキストを踏襲していますが、「思考の達人ツール」は「ドラゼミ」にはなかったもので、「まなびwith」からスタートする教材となっています。

 

このほか、「まなびwith」では、学習の仕上げに取り組む添削テキストや、別冊英語テキスト「Great Fun Book」が毎月届きます

なお、学習内容については「まなびwith」も「ドラゼミ」同様、小学校の教科書には準拠していませんので、ご注意ください(新学習指導要領に基づき、その学年で学習する内容には対応)。

 

キャラクターの違い

ドラえもん好きなお子様には残念ですが、「まなびwith」にはドラえもんは一切登場しません

 

ただ、キャラクターが全く出てこないわけではなく、教材が単調にならないように適宜オリジナルのキャラクターが登場するようになっています。

 

さらに、会報誌などにはお子様に人気の「名探偵コナン」のキャラクター達も登場します。

 

そのため、

「文字ばかりだと子供が飽きてしまうのでは」

「見た目が難しそうだと、それだけで嫌になりそう」

という心配は不要です。

 

サポートコンテンツの違い

「ドラゼミ」には会員専用サイト「ドラゼミマイルーム」に以下のようなサポートコンテンツが用意されていました。

 

「ドラゼミマイルーム」のコンテンツ

  • 小学館の図鑑NEO
  • 添削テスト「アドバイスシート」
  • 漢字練習帳ダウンロード
  • 「おうちの方向け」情報配信

 

「まなびwith」にも、会員専用サイトが設置されるため、同様のサポートコンテンツが提供されると考えられます。

 

また、有料のオプション教材としてiPadに対応したAI教材「withQubena」が新たに用意されています。

こちらは、電子教材の強みを生かした、算数の反復練習ツールです。

 

「ドラゼミ」と「まなびwith」の月額は違う?

気になる費用面ですが、こちらは支払方法や学年によって異なるものの、「まなびwith」では全体的に月当たり約300〜700円値上がりしています。

 

詳細は、下記の表をご覧ください。

 

「ドラゼミ」と「まなびwith」の月額費比較表(単位:円、税込)

  ドラゼミ まなびwith 差額
年少 1,998 2,268 270
年中 2,268 2,538 270
年長 2,268 2,538 270
小1 3,333 3,618 285
小2 3,333 3,672 339
小3 3,657 3,942 285
小4 4,089 4,590 501
小5 4,413 5,130 717
小6 4,737 5,454

717

※まなびwithの学費は4月号

 

入会金は必要?

「まなびwith」も「ドラゼミ」同様、入会金はかかりません

 

支払い方法は選べる?

「まなびwith」では、「ドラゼミ」に比べて支払い方法の自由度が増しています。

 

従来、「ドラゼミ」では毎月払いのみでしたが、「まなびwith」では毎月払いに加えて6ヶ月分一括払い、12ヶ月分一括払いが用意されています

 

各一括払いの場合、毎月払いと比べて会費がお得になります。

 

「まなびwith」の支払い方法別会費比較表

  毎月払い 6ヶ月分一括払い 12ヶ月分一括払い
会費 2,268 12,702 24,948
お得な金額 - 906 2,268
※小1の4月にスタートした場合
 

毎月払いの場合は、「ゆうちょ銀行口座」または「銀行口座」からの引き落としのみしか選択できません。

ですが、一括払いの場合は「郵便振込」や「コンビニ振込」も選択することができます。

「まなびwith」のおすすめポイント

「まなびwith」では若干の値上げはあるものの、「一括払い」を活用すればその差はごくわずかに抑えることができます。

一方で、「思考の達人ツール」が新たに採用され、るなど、教材内容はより手厚くなっていると考えられます。

「ドラゼミ」に入会していたお子様はより充実した学習が可能な内容に、また、これから始めるお子様も満足できる内容に仕上がっているのではないでしょうか。

 

まとめ

ここまで、「ドラゼミ」と「まなびwith」の違いについて紹介してきました。

「ドラゼミ」からの移行を検討している方、これから「まなびwith」に入会しようと考えている方は参考にしてみてください。