ロボット教室でプログラミングは身につくの?

プログラミング・ロボット 小学生
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2018/02/cate7.png
ロボット教室でプログラミングは身につくの?

ロボット教室に興味をお持ちの方の中には、プログラミング教室も気になっている方が多いのではないでしょうか。近年プログラミングは注目を集めており、明光義塾の調査では、習わせたい習い事の第4位にランクインしています。

この一方でロボット教室も、“プログラミングを学ぶために有効”というイメージがありますよね。今回は、ロボット教室とプログラミングの関係について、詳しく見ていくことにしましょう。

なぜ今子供にプログラミングが必要か?

本文のはじめに、なぜ子どもにプログラミングの学習が必要なのか、という点に触れておきたいと思います。

2017年3月に公示された新学習指導要領に、プログラミング教育の必修化が盛り込まれました。実際の学習が始まるのは、2020年の予定となっています。

なぜ今、プログラミングを小学校の授業に取り入れる必要があるのでしょうか。授業で重視される要素をチェックすると、答えが見えてきます。

  • コンピュータを使って“何かを作りだせる”という気付きを与える
  • プログラミング的思考を身につける

小学校の授業で重視されるのは上記の2点です。

プログラミング・コードを覚えることは、重要視されません。

特に重視されるのは「プログラミング的思考」です。なんだか難しそうな言葉ですね。プログラミング的思考とは、かみ砕いていうなら「論理的に考えて課題を解決する思考」です。

プログラミング的思考が身につけば、AI化が進む社会においてシステムを作り出す人材として活躍できます。

また、プログラミング的思考は、コンピュータを動かす場面以外でも役立つ能力です。たとえばリーダーシップを発揮して、効率よく組織を動かすために役立ちます。

今後の社会では、システムや組織を動かす人材が求められると予想されます。プログラミングの学習は、今後の社会を生きるために必須。子どものうちから始めておいて損はありません。以上が、小学生にプログラミング学習が必要とされる理由です。

ロボット教室とプログラミングの教室の違い

 
ここまでの解説を読んで、プログラミング教室への感心が高まった親御さんも多いかもしれませんね。ただ、多くのロボット教室も、プログラミングの学習に役立つことを宣伝文句としています。

はたして、ロボット教室とプログラミング教室には、どのような違いがあるのでしょうか。それぞれの特徴を簡単にまとめたので、チェックしてみてください。

ロボット教室

ロボット教室レビュー1

ロボット教室の授業は、基本的にロボットの組み立てがメインとなります。専用のブロックを組み合わせることで、意図したとおりに動くロボットを組み上げていきます。

物理の知識やもの作りの感性を育める点が、ロボット教室の魅力です。ただし、教材費はちょっと高額。教室によっては、5万円以上のロボット代が必要になります。

プログラミング教室

プログラミング教室の授業は、アニメーションやゲームの作成・改造がメインとなります。「Scratch」や「Viscuit」などのプログラム言語を使って、プログラムを作り上げます。

授業内容は、IT関連技術の習得に直接結びつくものといってよいでしょう。

なお、プログラミング教室では、高額な教材を買う必要がありません。ただし教室によっては、パソコンの持ち込みが必要になります。

ロボット教室でプログラミングは身につく?

前節を読んで、「ロボット教室ではプログラミングは身につかないのでは?」と、不安になった方は多いかもしれませんね。でもご安心を。ロボット教室でも、プログラミングは身につきますよ

たとえば「エジソンアカデミー」では、プログラミングを重視した授業を行っています。完成させたロボットを「Scratch」を使って動かすため、プログラミングの基礎を自然と身につけられます。

また、ヒューマンアカデミーのロボット教室には、上級コースとして「アドバンスプログラミングコース」が用意されている。こちらのコースでは、センサーを組み込んだロボットを動かすために、プログラミングを行います。

付け加えると、ロボット教室はプログラミング的思考を身につけるために有効です。ロボット作りで生じた疑問や問題を解決する過程で、論理的な思考を育むことができます。

プログラミング教室を紹介

ここまでを読んでプログラミング教室への感心が高まった方のために、代表的は教室を2つご紹介しておきましょう。

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーロボット教室

入会金 12,000円(教材費込み)
授業料等 9,600円/月(テキスト代込み)
PCレンタル代 教室により異なる
授業回数 2回/月
教室数 全国200教室以上
使用ツール Scratch

 ヒューマンアカデミーのプログラミング教室は、料金の安さが魅力的。一般的な習い事と変わらない料金で、プログラミングを学べます。

授業で使用するツールは、先にご紹介したScratchです。受講期間は1年間。プログラムの作成から改造までを、カリキュラムに沿って学んでいきます。

Tech Kids School

Tech Kids Schoolプログラミング教室

入会金 0円
授業料等 19,000円/月
PCレンタル代 4,000円/月(持ち込みの場合は不要)
授業回数 3〜4回/月
教室数 全国17教室以上
使用ツール コースにより異なる

Amebaブログで有名なIT企業、「サイバーエージェント」が運営するプログラミング教室です。毎月の授業回数が多いため、授業料はやや高額になっています。

受講期間は基本的に2年間。1年目でプログラミングの基礎を身につけて、2年目以降は本格的なプログラミングを学んでいきます。

まとめ

ロボット教室とプログラミング教室には、それぞれに利点があります。どちらか一方を選ぶのは、ちょっと難しいかもしれませんね。

習い事選びに迷ったときは、体験教室を利用するのも1つの手です。お子さんに授業を体験させてみて、長く続けられそうな教室を選んでみてはいかがでしょうか。

ヒューマンアカデミーはロボット教室、プログラミング教室どちらの無料体験も行っています。まずは資料を取り寄せてみてもいいかもしれませんね。